MENU

再開発

REDEVELOPMENT

木更津港から富士見通り一帯を再整備するパークベイプロジェクト。

all images

木更津市では、木更津発展のシンボルであるみなとを活かした再生計画の具現化に向けて「パークベイプロジェクト」を推進。
木更津港周辺の都市公園や臨海部の公共用地に、民間の集客施設を誘致し、新たな賑わい空間の創出をめざしています。
また、木更津港から木更津駅を結ぶ富士見通りでも再整備を計画しています。

※この画像はイメージです。無断転載を禁止します。

※この画像はイメージです。内容は整備の実施を確約するものではなくスケジュールについても未定です。

生まれ変わる木更津!

再開発が進むベイエリア。
日本初の施設が誕生など、木更津が生まれ変わります。

“食”を中心とした
賑わいの施設が誕生。
「パークベイプロジェクト」が
いよいよ開始。
木更津駅前の富士見通りアーケード撤去、
歩道再整備&無電柱化も実施予定。

2022年3月開業に向けて、工事進行中!

2021年9月撮影

  • 完成予想図

  • 完成予想図

木更津市では、木更津発展のシンボルであるみなとを活かした「パークベイプロジェクト」を推進。
その第1弾として、2021年6月より鳥居崎海浜公園(約570m・徒歩8分)で整備事業が開始。
公園用地の一部を活用し、“食”を中心とした賑わい創出を目的とした施設の整備が進められています。

■工事期間/~2022年3月(予定)
■施設概要/飲食店舗、宿泊施設等3店舗 園路、ウッドテラス等

木更津市は、「中心市街地の活性化に関する法律」に基づき、「木更津市中心市街地活性化基本計画」を策定し、 2020年3月30日付で内閣総理大臣の認定を受けました。
2022年度まで木更津駅前の富士見通りアーケード撤去工事、 2023 年度まで富士見通り歩道再整備&無電柱化の再整備を予定しています。

※社会情勢等により時期は変更になる場合があります。
※画像はイメージのため変更となる場合がございます。

知性と五感を刺激する数々のコンテンツ。
「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」2021年10月1日オープン。

ポルシェが誇るスポーツカーのパフォーマンスを体験できる「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」が日本で初の施設が木更津市にオープン。世界で9番目となる施設では、木更津の自然と日本の美しい風景を生かした立地と、日本の伝統工芸品の江戸切子をモチーフにした建物とともに、ポルシェブランドの世界観を満喫できます。

コストコ日本法人の本社 川崎から木更津に移転
2022年6月稼働を目指す

会員制量販店のコストコホールセールジャパン(川崎市)は15日、千葉県木更津市に本社を移転すると発表した。2020年7月に開業した「コストコホールセール木更津倉庫店」の隣の県有地を取得し、5階建ての新本社を建設する。22年6月の稼働を目指す。(2021年3月16日掲載 日本経済新聞より)

日本経済新聞
2021年3月16日掲載

発展する街は住まいの資産価値向上にも期待!

優良建築物等整備事業として整備された
「ガーデンパレス木更津」。

「ガーデンパレス木更津」は、国の制度に基づき国と地方公共団体が補助金を交付する「木更津市街なか居住マンション建設補助事業( 優良建築物等整備事業)」として整備されています。これは、市街地の環境の整備改善、良質な市街地住宅の供給を目的に、土地利用の共同化、高度化および定住促進に役立つ民間事業を助成していくものであり、地域の期待を背負ったプロジェクトとして本物件は大きな注目と期待を集めています。

×
CLOSE

トップへ戻る